高校入試情報

ペック成績保証塾

0120-233-498

〒743-0011 山口県光市光井8-8-29

10:00~22:00(本部光校) / 日・月・祝日休校

lv

高校入試情報

オフィシャルブログ

2017/04/21 高校入試情報

ここでは、高校入試を受ける際の必要な情報を確認していきましょう!

まずはこちらをクリックしてご覧ください。。
平成28年度 山口県公立高等学校入学者選抜 実施要領(抄)

これは今年度の入試実施要項です。簡単にでも目を通しておきましょう!

次に,過去の山口県高校入試平均点です。

 

heikinten

 

これを見て「へー」「ふーん」ではなく、自分が過去問を解いたときの点数と比較してどの程度の学習が今後必要なのかを確認してくださいね。
過去問の話がでたので少しだけアドバイスを。
過去問は・・・

①必ず時間を計ってやること。時間で一度区切って解けなかった問題は必ず赤で訂正。
②採点はできるだけ親、兄弟にしてもらう。
③5教科全てやり、合計点数と下記の平均を見比べ、自分の学習計画に使用する。
④最低3年分×2周はやること

※23年度より山口県高校入試は難化したと言われています。それ以前の過去問を解くときは現在の合格基準点
(ボーダー)と同じように比べると、痛い目を見るかもしれません。

 
■平成27年度山口県公立高等学校入学志願者数について
昨年度の最終志願者倍率です。確認しておきましょう。

 
■平成27年度山口県公立高等学校入学志願登録者数及び推薦入学・連携型入学者選抜合格内定者数
昨年度の推薦入試の結果です。推薦を視野に入れている方は目を通しておきましょう。

 

★高校の選び方

一概に高校入試、受験といってもどの「高校を受ければいいの?」「将来なにをやりたいのかわからない」など先のことはなかなか決められないものです。今、将来なりたい職業があればいいですが、それを夢としてもっている生徒は正直少ないです。

 

最終的には全ての人が違う進路に進むと言っても過言ではなく、小学生、中学生に全て任せるのは酷ではないかと思います。もちろん家の方針で全て本人に決めさせるというのも悪くないです。方針としてきちんと伝えていれば、本人が考えざるをえないからです。問題は生徒も考えていない、保護者も考えていない、で、どうしていいのかわからない。というのでは子供たちは迷い始めてしまいます。

 

最近の流行りでは教育の科学的根拠「エビデンス」を元に話すだとか、勉強の経済的価値の観点から話すなどが推奨されているようです。面談などでもできるだけリアルな数字や資料を用いて訴えることが多いです。

 

例えば、高卒の平均生涯収入と大卒、院卒の生涯収入の差額を伝えるとか、最低限の幸せな生活をするために必要な月収、日本人の平均年収などを伝え、自分はその収入をどのように稼ぐのか?などを一緒に考えてあげるとリアリティも湧きやすく、自分のことと考えられやすいようです。そこから一つでも将来やれそうな職業などが見つけれれば、そのあとは逆算してそこまでたどり着くにはどのような進路があるのか?を一緒に調べましょう。

 

この一連の流れの中で見つけれた「夢」を大切にし、それを「志」に変えていくことも重要です。「夢」とは自分個人の将来達成したいこと。「志」とは自分個人のことではなく、将来自分の成すことにより周囲を巻き込んだ「よりよい事象」を起こし、評価されるということです。

 

そういった一連の将来への流れを考え、その中の通過点として「高校」や「大学」が存在すべきと思いますし、そこへの最短距離も同時に考えていかねばなりません。

 

例えばお医者さんの息子はある程度の年齢から医者になるべく勉強はじめます。それに反発する子もいますし、将来を見据え頑張る子もいます。どちらも将来を考えるきっかけになっていると思います。医者にならずともそこで考えたこと、勉強したことは他の道を示すきっかけになることでしょう。

 

さて、将来なりたい職業、進みたい進路が見つかったとして、自分はどの「高校」「大学」に入ればそれを成せるのか。ここに関しては子供一人で考えろというのはあまりにもハードルが高く、残酷ではないかと思います。人は自分の生きた人生の中にしか問題を解決する術をもちません。十代のうちではあまりにも情報が少なく、情報を取り出すキーワードも少ないのです。そこで保護者を含め、私たち大人がアドバイスを送るべきです。

 

そうはいっても、高校、大学のことなんてもう忘れました。という保護者も多いことでしょう。時代の流れとともに高校、大学ともに変化してきています。保護者が受験したころと同様に考えていると思わぬ落とし穴があるやもしれません。

 

そんな方のために大学入試情報「最低限知っておかなければならない大学入試」をご用意しました。お子さんと一緒にご確認ください。

 

高校の選び方はまず、大学に進学するのか就職するのか?ここで大きく分かれます。

 

大学に進学するのであれば「普通科」「理数科」のある高校に進学しなければなりません。
大学といっても「国公立」なのか?「私大」なのか?も重要です。この選択は大まかでも中3には決めないといけません。もっというと中3で選択できるだけの成績がないと選ぶこともできません。もっともっというと内申点は中3ではほぼ決定しています。昨今、内申点の重要性がどの高校でも言われています。噂では内申だけで落とされた生徒もいるようです。

資料:山口県教育委員会HPより抜粋

 

 

有限会社 ペック
電話番号 0833-72-7248
住所 〒743-0011 山口県 光市 光井 8-8-29
営業時間 10:00〜22:00(本部光校)
定休日 日・月・祝日休校

TOP